TE-FOOD

TE-FOOD ティーイーフード

物流
新興市場向けの食品の生産から流通までの追跡システム
通貨単位
TEC
システム
Ethereum
プレセール開始日
プレセール終了日
クラウドセール開始日
2018-01-08
クラウドセール終了日
2018-02-15
最大供給量
1,000,000,000
ソフトキャップ
ハードキャップ
$16,000,000
通貨単位
1 TEC = $0,05

TE-FOODとは?

TE-FOODは、公的にアクセス可能な世界最大の食物の追跡システム(栽培や飼育、加工・製造・流通までの追跡)であり、すでにブロックチェーンとトークン化に移行しています。

TE-FOODは、6,000以上の企業が毎日40万件以上の取引を管理し、3000万人に達する食品追跡ソリューションとして成功しています。
食品安全を改善し、腐敗から守り、公正な取引をサポートし、新興市場の食品サプライチェーン企業、消費者、および当局間の信頼を築くことを目的としています。
食品安全に関する持続可能なビジネスを構築することは、あらゆる種類の援助よりも効果を上げることがずっと効率的です。

TE-FOODは、生鮮食品サプライチェーンのすべての企業がロジスティクスおよび食品安全関連データを管理することを可能にします。さまざまな技術の識別ツールは、畜産、輸送、生鮮食品パッケージに適用され、サプライチェーン全体の品目に従います。小売りの新鮮な食品は、食品安全関連情報と一緒にその起源にさかのぼることができます。

家畜や生鮮食品に焦点をあてる理由

食品詐欺の約80%は家畜や生鮮食品(海産物、乳製品、肉製品が最前線に位置しています)にです。
毎年、世界中の10人に1人が汚染された食べ物を食べた後に病気になり、毎年40万人以上が死亡しています(世界保健機関によると)。

また、食物動物における抗生物質の過剰使用は、公衆衛生を脅かすことになります。この問題を軽減することがTE-FOODの主な使命です。

新興国に焦点をあてる理由

新興市場には、世界人口の60%、GDPの45%に相当する50以上の国があります。
食品詐欺の約2/3は新興国で行われています。

新興国で中流階級の成長と人口動態の認識の高まりは、消費者レベルの製品歴史の洞察力に対する需要を高めています。当社のテクノロジーと導入方法は、新興国のニーズに完全に適合しています。

食品追跡市場にブロックチェーンが必要なのはなぜか?

1.食糧供給チェーンは、特に新興国では、詐欺や腐敗が多発しており、不審につながっています。チェーン内で提供されるデータは常に疑われます。ブロックチェーンの変更不可能なデータストレージ構造は、消費者、サプライチェーンのメンバー、当局、NGOのサプライチェーンデータの信頼性を高めます。

2.単一の一般的な食品安全元帳は、(二重ワクチン接種や抗生物質の二重使用などの冗長な識別や活動の軽減を通じて)サプライチェーンの効率を高め、コストの削減につながります(高価ではなく、大規模なリコール)。

3.グローバル化された世界の正当な要件である、国境を越えても顧客や企業にデータを提供する、相互運用可能なプラットフォームです。

TE-FOODのビジネスモデルは?

TE-FOODにはより多くの実装モデルがあります。
これは、サプライヤーからのトレーサビリティデータ(追跡可能なデータ)を要求するために企業(食品生産者、小売業者)によって実装することも、1つ以上の地理的地域/食品カテゴリのサプライチェーン全体に対して政府によって実装することもできます。
政府の実施のために、TE-FOODは政府が顧客ではなく規制当局として機能するPPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ)モデルを好みます。

TE-FOODは当局に相談サービスを提供し、実施し、サプライチェーンをトレーニングします。
TE-FOODの収益源:

1.物理的&論理的に識別された食品データの販売
2.取引費用の請求
3.食品輸送環境センサーの販売
4.マーケットプレイスでの月額または販売数量従属費用の請求