Sentigraph.io

Sentigraph.io センチグラフ

ソリューション
ユーザーの反応を分析して予想されるイベントを提供するシステム
通貨単位
EMOT
システム
Ethereum
プレセール開始日
2018-06-07
プレセール終了日
2018-07-08
クラウドセール開始日
2018-08-31
クラウドセール終了日
2018-10-01
最大供給量
ソフトキャップ
7,000,000USD
ハードキャップ
12,000,000USD
通貨単位
ICO1ETH=28,000EMOT

Sentigraphは、ソーシャルネットワークを統合する分散プラットフォームです。ソーシャルエンゲージメントに費やされている多くのオンラインプラットフォームとブログがあります。
通常、ユーザはこのプラットフォーム上の見出しや投稿にコメントして反応しますが、これらの議論から一般的な感情を分析するための効果的なツールはありません。Sentigraphは、ソーシャルネットワーク上のユーザーによる反応の分析に基づいて、現在のイベントと予想されるイベントの両方の結果を改善するつもりです。

Sentigraphは大量のデータを合成することができ、AIをブロックチェインとInter Planetary File System(IPFS)と一緒にtwitterから増加させることができます。IPFSは、インターネットなどを介してサーバからクライアントにファイルを転送するための、httpのようなハイパーメディアプロトコルです。ファイル、ビデオ、またはテキストが最初にIPFSネットワークに提示されると、ハッシュと呼ばれるユニークなアドレスが生成されます。これは、その特定のファイルの参照になります。IPFSはhttpより高速であり、ファイルのハッシュを変更することは不可能です。速い速度は、1人のユーザーが既にサーバーからアクセスした別のユーザーのファイルにアクセスできるようにする組み込み機能に起因します。

Sentigraphのロジックは、Ethereumブロックチェーンに配置されています。ブロックチェーンは、集中管理を一切伴わずに電子現金を処理する際に利用されるアルゴリズムの一種です。それはすべての金融取引を記録し、この情報は一般に公開されており、したがって透過的です。これらのメリットは、Sentigraphによるグラフインデックスの計算を信頼できるものにします。Sentigraphユーザーはスマート契約からこの情報にオープンにアクセスすることができるため、ダウンタイムなしでサービス全体を保証することができます。さらに、パーソナライズされたグラフのインデックスは、クラウド内のハッシュと共にIPFSネットワークに格納されます。

Sentigraphプラットフォームの推奨トークンはEMOTトークンです。これらは、グラフ・インデックスの計算、twitterハッシュ・タグの分析、およびIBM Watsonへの呼び出しに使用されます。EMOTトークンは、ユーザーがいくつかのtwitterハッシュタグのパフォーマンスを予測できるようにするEmotional Volatility Prediction(EVP)ゲームにも利用されています。成功した予測はEMOTトークンで報われます。認証されたユーザーは、初期トークンオファリングイベント(ITO)中に利用可能になったこれらのトークンを使用する必要があります。または、インアプリボールトから購入することもできます。EMOTは、アプリとのインタロゲーションに使用されます。利用可能な1,000,000,000(10億)のトークンの60%は、さまざまなトークンの配布を通じて一般に配布されます。

強調された事実から、Sentigraphは多くの分野で有用であることが明らかです。政治から医学、精神医学まで、数多くの研究や実験の可能な成果を評価するために使われます。