SALPay

SALPay サルペイ

金融&投資
会社の送金と従業員の給与計算のためのエコシステム構築
通貨単位
SAL
システム
Ethereum
プレセール開始日
プレセール終了日
クラウドセール開始日
2017-11-28
クラウドセール終了日
2018-01-01
最大供給量
100,000,000
ソフトキャップ
$7,000,000
ハードキャップ
$20,000,000
通貨単位

SALPayとは?

SALPayは、従業員とその家族によって利用される、eウォレット、デビットカードおよび金融サービスの一揃いを擁する完全なエコシステムです。

Salariumは、2014年から給与ソフトウェアを、そして2016年6月からは当社の革新的なフィンテック・ソリューションであるSALPayを提供しています。
Salariumは、現在、Salariumはフィリピンだけでサービスを提供しており、500社を超える企業と10,000名以上のその従業員に、毎月サービスを提供しています。

企業は、フィリピンの大手銀行を利用して、現金をSALPayの銀行口座に預けることによって、その会社のウォレットを積み増します。SALPayの財務チームが取引を検証後、企業は利用可能な残高を確認し、資金を使用することが可能になります。

これまでの問題点(課題)

Salariumのお客様の50%近くが、さまざまな形による業務プロセスアウトソーシング(BPO)業界の企業です(収入をフィリピン国外から得ています)。

これらの企業の従業員給与および運転資金の100%が、2週間に1度国内へ送金されます。
こうした企業は、銀行手数料、不利な為替レートや長い処理時間が課題です。

また、従業員のSALPayウォレットに資金を入れる前に、資金を預け入れるために企業の銀行口座を開設して管理する必要もあります。
現在のユーザーからは、フィリピン国外からSALPay口座に入金するためのオプションを増やして欲しいという要望がありました。

SALPayトークンで問題解決

SALPayトークンと当社の取引ネットワークによって、雇用者や企業がフィリピン国内の従業員へ迅速に給与を支払うことや、自国から容易に送金することが可能になります。

企業は、海外で運営される支払取引所からトークンを購入し、それをSALPayに転送します。
そこでトークンがフィリピン・ペソに転換され、SALPayウォレットに追加されます。
トークン、およびSalariumの給与プラットフォームは、フィリピン国内の雇用者やお客様が、従業員やフリーランサーへの支払を、低コストで安全かつ迅速に行うことを可能にします。
従業員とフリーランサーは、自分のお金に自由にアクセスし、フィリピン国内のすべてのATMから現地通貨で引き出すことができます。

Salariumは、すでにこのタイプのB2B金融サービスの構築と運営に成功した豊富な実績を有しています。
現在、ユーザーの要望に基づき、ブロックチェーン技術と仮想通貨を活用して、ユーザーの課題を解決しています。

この事業の運用を可能にする必要最小限の技術開発さえ行えば、このプロジェクトは可能な限り最短の時間で実現します。
既存の支払エコシステム上に構築することによって、当社はSALPayトークンの確実な需要を確保しています。この送金サービスを提供するため、SALPayは、ICO後に一定数のトークンを買い戻すことが必要となります。

SALPayが発行するトークンの供給は限定されており、活用ケースによって需要が増加することは確実であるため、市場の力によって各トークンの価値は継続的に押し上げられ、トークン所有者にはプラスのリターンがもたらされるでしょう。