RepuX

RepuX リパックス

ソリューション
中小企業と開発者のための分散型データ&アプリケーションプラットフォーム
通貨単位
REPUX
システム
Ethereum
プレセール開始日
2017-11-17
プレセール終了日
2018-01-23
クラウドセール開始日
2018-02-06
クラウドセール終了日
2018-03-09
最大供給量
500,000,000
ソフトキャップ
1,000,000ドル
ハードキャップ
33,100,000ドル
通貨単位
1 REPUX = 0.20ドル

RepuXとは?

RepuXは、中小企業向け分散データ&アプリケーションプロトコルです。

●課題
企業はシステム内にテラバイトのデータを保存しており、これを活用してビジネス上の意思決定や業務効率の向上に問題があります。
開発者は機械学習や人工知能ソリューションを開発するためのデータが不足しています。この切断内には多くの価値が閉じ込められています。

プロトコルレベルのフレームワークであり、様々なタイプの不変データが商品化され、異なる企業および個人のユーザ当事者間で交換することができます。

●解決方法(ソリューション)
RepuXはプロトコルレベルのフレームワークであり、さまざまな種類の企業データとユーザーデータを異なるパーティー間で収益化し交換することができます。

RepuXは、IPFS、Sia、Ethereum/EOSなどの複数の最先端の分散テクノロジーを組み合わせ、カスタムハイスループットブロックチェーンへのアップグレードを可能にし、データと情報の高度に分散した市場を創造します。

●技術
APIを使用することで、特定のニッチな環境にも合うように第三者がこれらのマーケットプレイスを開発できるようになります。

RepuXは、プロトコル内のピア間で直接的に価値とデータの転送を行うことにより、現在の市場には存在しない過剰なユーザーおよび企業の集計データに対するさまざまなB2B(ビジネス間)データ共有の可能性を実現します。

RepuXトークンによる直接的で迅速な価値移転は、複数の業界にまたがる仲介者や仲介者の必要性を排除します。大規模なデータとAIが大規模な集約データに依存するようになるにつれて、RepuXはこれを利用して、それぞれの分野で革新を推進していきます。