PayPro

PayPro ペイプロ

金融&投資
本当に分散化された最初の金融マーケットの構築
通貨単位
PYP
システム
Ethereum
プレセール開始日
2018-01-08
プレセール終了日
2018-01-15
クラウドセール開始日
2018-01-15
クラウドセール終了日
2018-02-04
最大供給量
ソフトキャップ
ハードキャップ
20,000 ETH
通貨単位
1 ETH : 500 PYP

PayProとは?

PayProは、任意の分散アプリケーション(dApp)がそのサービスを提供できる金融マーケットです。
dAppsは、銀行と同じように、あなたのサプライヤーとしてそれらに参加します。

dAppが全ての大きな市場に進出しようとする場合、ユーザーエクスペリエンスに問題があります。
例えば、スマートコントラクトは複雑であり、トークンを格納するには熟練したユーザが必要であり、dApp自体を見つけることさえも複雑と言われるでしょう。dApps自体まだ大きな市場への参入準備ができていません。

そのため、2つの機能を備えた市場を構築しています。
1つ目としては、ユーザーが任意の形式のトークンを格納できるウォレットを構築しています。このウォレットは、個人の金融暗号バランスを保存するためのものです。そのため、ユーザーは財産を表すトークンを自分のフラット、ローンまたは生命保険に保管することができます。
2つ目としては、他のdAppがユーザーに金融サービスを提供できる市場を開拓していきます。

PayProトークン(PYP)について

PayPro Token(PYP)は、エコシステムの主要通貨となり、マーケット内での取引を促進します。
PYPsの主な目的は、市場内のあらゆるサービスの支払いに使用されることです。
市場で提供されるすべてのサービスとすべての取引手数料はPYPで請求されます。
アプリケーションによってサポートされる通貨の数が増えているため、すべての料金を請求し、市場を簡素化するために、どの通貨を受け入れるかを決定する必要があります。

ETHが優れた候補者になる可能性があるのは間違いないが、スマートコントラクトの最終的な勝者はイーサリアムではないという事実のために、ETHに頼ることにはネガティブです。
Neo(AntShares)のような他のベンチャーも、中期的に成功する可能性の高い魅力的な機会を提供します。

このため、アプリケーションで提供される他のすべての通貨のベンチマークとして使用される独自のトークンを発行する必要があります。
そのため、PayProトークンは料金を支払うことができる唯一の通貨になります。

しかし、ユーザーがPayProトークン(PYP)を絶えず購入しなければならないことを義務付けていると、ユーザーエクスペリエンスが低下する可能性があります。
このため、ユーザーの既存資金からPayProトークンへの交換をユーザーが料金を支払う必要があるたびに自動的に行うためのゲートウェイの開発を活用します。

独自のトークンを発行することで、世界中の投資家がPayProに加わることができます。これらの投資家は、作成時にPayProのトークンに早期にアクセスできます。トークンの数が制限されるため、需要が増加する限り価格を引き上げることが期待されます。将来的にはBTCやETHが今日のようにすべての主要取引所で取引されます。コミュニティが成長するにつれて、アプリケーションの外部でもトークンが広く使用されることが期待されます。

PayProは市場に何らかの財産権を持たず、PayProはMITオープンソースソフトウェアライセンスを保有します。
唯一の関心事は、それがコミュニティによって成長し、使用されることです。

PayProでは、ICOの後にいくつかのトークンを保持します。
これらのトークンを使用して組織に融資し、ユーザー、投資家、開発者、そしてすべてのステークホルダーを含むコミュニティの価値を創造し続けます。