OriginTrail

OriginTrail オリジントレイル

インフラ
ブロックチェーンベースのサプライチェーン向けの専用プロトコル
通貨単位
TRAC
システム
Ethereum
プレセール開始日
2018-01-15
プレセール終了日
2018-01-28
クラウドセール開始日
2018-01-29
クラウドセール終了日
2018-02-12
最大供給量
500,000,000
ソフトキャップ
$ 5,000,000
ハードキャップ
$ 22,500,000
通貨単位
1 Trace = $ 0,10

OriginTrailとは?

毎日使用する製品の安全性と品質を向上させるために、透明性が新たな基準です。
OriginTrailは、サプライチェーンでのデータの信頼できない共有を可能にするために克服する必要がある重要な課題に対処するプロトコルです。
分散型プロトコルを導入することにより、信頼できるサプライチェーンのための基盤技術を作り出しています。製品のトレーサビリティに関する長年の経験をもとに構築しており、OriginTrailプロトコルはすでに世界最大の小売業者によって認知されています。

OriginTrailは、あらゆるサプライチェーンに沿ったシームレスなデータ共有を可能にします。
分散型のブロックチェーン対応ネットワークプロトコルは、信頼性、透過性、およびセキュリティを保証します。
企業が関連データをシームレスかつ安全に交換して、説明責任を構築し、ブランドを保護し、効率を高めるのに役立ちます。
Token Generating Eventは、あらゆる製品サプライチェーンに適用可能な拡張可能なOriginTrail分散型ネットワークの開発を可能にします。

OriginTrailのしくみ

OriginTrailは、パブリックノードのネットワーク上で実行され、サプライチェーンでブロックチェーンでサポートされているデータ共有を有効にする目的で構築された分散型プロトコルです。
これにより、データの整合性を保証するためのコンセンサスメカニズムを使用して、複数組織のサプライチェーン内の異なるステークホルダーのITシステムとデバイス間のシームレスで自動データ接続および相互運用性が可能になります。

データ交換は世界的に認知されたGS1標準に基づいていますが、既存のブロックチェーンソリューションを使用してグラフの指紋を保ち、不変性を保証しています。
これは、サプライチェーンにおける透明性を構築する根本的な新しい方法をもたらし、信頼の向上、サプライチェーンの効率性の最適化、コンプライアンスの自動化、品質保証プロセスの実施を確立するために必要な基盤を提供します。

OriginTrailを使用すると、すべてのステークホルダーが安全にデータを共有し、機密データを常に完全に暗号化することができます。OriginExilは、データ交換に関するグローバル標準(GS1、IoT、コンプライアンス標準)をサポートすることにより、既存のERPシステムとの互換性を保証し、実装プロセスを迅速かつ効率的に行います。
最後に、完全に分散化されています。それは、混乱の可能性を排除し、提供されたデータの完全な説明責任を導入する。OriginTrailは、既存のユースケースに基づいて構築されています。