Multiversum

Multiversum マルチバーサム

ソリューション
暗号リレーショナルデータベースのサービスとしてのリレーショナルブロックチェーン
通貨単位
eMTV
システム
Ethereum
プレセール開始日
2018-03-01
プレセール終了日
2018-03-31
クラウドセール開始日
2018-04-16
クラウドセール終了日
2018-06-24
最大供給量
ソフトキャップ
5,000,000USD
ハードキャップ
35,000,000USD
通貨単位
ICO1eMTV=1USD

Multiversum のテクノロジーは、シンボリックリンクにより互いに関連づけられ編成されたデータエンティティの⾃⼰検証および、分散構造によってデータ層を強化することで、従来のブロックチェーンの限界を超えていきます。
このテクノロジーは、⼀貫した⾃⼰検証取引の分散型システムの基盤を確⽴しました。これが Multiversum のブロックチェーンです。
Multiversum は既存のブロックチェーンの単純なデータモデルではなく、暗号関係データベース(⾼度編成されたデータストレージソリューション)の作成を可能にし、単⼀のデータ型だけでなく、相互に関連している複雑なデータ構造の表にグループ化された⼀連のデータを処理することができます。関係はブロックチェーンにおける第⼀級オブジェクトであり、仮想通貨の⽅式により保証されています。

Multiversum は進化したブロックチェーン技術であり、これまでに解析された不都合な部分を克服する独⾃の機能と、⾏政、産業、⾦融、官公庁といったすべての環境に適した暗号化検証と配布技術を提供します。
Multiversum は、常に最新の製品を市場に提供することを主な⽬標の1つとしており、これはソフトウェア開発⼿法の AGILEを採⽤することで可能となります。

AGILE の開発⼿法とは、開発途中においても、当初のプロジェクトの設計より⼤幅な変更や削減を前提に、開発しながら価値を選び決めていくという⼿法です。事前に好機も危機も予測することは不可能であるということを基本に、ベストプラクティスを選定し、不適当なものは忘れ去るということです。
AGILE は確⽴されたソフトウェア開発基準であり、柔軟かつ迅速に市場ニーズに応えるため、開発者、製品オーナー、そして投資家はプロジェクトの範囲(注 5)の検討を求められます。
さらに、ソフトウェアのように急速に進化する分野では、研究に6ヶ⽉、実装に1年を要した製品のリリースは、すでに市場ニーズから 18 ヶ⽉が過ぎ、時代遅れの製品を提供することとなる上、競合他社によってすでに解決され、直近の課題への対応が不⾜するということにもなり得ます。
AGILE はむしろ、納期時に、最も⾰新的な製品を市場に届けることができます。