Bankera

Bankera バンクエラ

金融&投資 日本語対応
ブロックチェーン時代のための銀行
通貨単位
BNK
システム
Ethereum
プレセール開始日
プレセール終了日
クラウドセール開始日
2017-11-27
クラウドセール終了日
2018-02-28
最大供給量
ソフトキャップ
ハードキャップ
通貨単位

Bankeraについて

Bankeraはブロックチェーン時代のための銀行の設立します。つまり、伝統的な銀行業務(融資など)を持つデジタルバンクであり、暗号通貨と法定通貨の両方をサポートします。
従来の銀行の役割を担うBankeraは、以下3つのサービスを提供します。

お支払

個人IBANコード(International Bank Account Number)やデビットカード、インターバンク・レート、決済代行、支払い口座などを多数の支払いサービスを提供します。
これらすべてのサービスは、従来の法定通貨に加えて、BitcoinやEthereum、DASH、NEM、ERC20準拠トークンなどの仮想通貨での決済にも対応します。また、将来のBankeraは、国内総生産(GDP)に連動する通貨や、お金に代わる上場投資信託(ETF)の使用など、革新的なソリューションも導入していきます。

ローンと預金

ローンと預金はバンクエラの中核となるサービスであり、我々の競争優位でもあります。
当座預金は貯蓄と同様に利息の受取りが可能。また、ほとんどのローンが決済代行ソリューションを利用するビジネスクライアントに提供されるため、 バンクエラの顧客は、借り手のキャッシュ・フローに関する専有情報により、より高い金利を受けることができます。

投資

上場投資信託(ETF)、暗号通貨投資ファンド(様々な暗号通貨と暗号トークンから組み込まれたポートフォリオ)、ウェルス・マネジメントのためのロボアドバイザーなど 多数の低コストの投資商品を提供します。法人向けには、事業・経営戦略の資金調達などの投資銀行サービスも今後予定をしております。

Bankeraと類似プロジェクトとの違い

まず第一に、Bankeraはプリペイドカードのみをリリースする他の類似プロジェクトより少なくとも1年先行しています。
私たちは実用最小限の商品(MVP)であるSpectroCoinを使用してIBANコード(International Bank Account Number)を顧客に提供しています。
MVPを運用することで毎週顧客に純取引利益を分配し、BankeraのITおよび規制インフラを提供しています。

第二に、Bankeraは初日から利便性のある暗号通貨+法定通貨のウォレットを提供でき1〜2年以内に銀行へと進化します。

第三に、融資や預金などの実際の銀行業務を提供し、出金や預金のオプションとして、送金ソリューションを提供します。 最後に、私たちには素晴らしいチームとアドバイザー陣がおり今後数年の間に目標へと導くでしょう。

BankeraのICOの目的は、製品を開発し既存の銀行と同等の条件で競争するための資本を提供することです。 そうするために、私たちは複数のライセンスを追求しており、国境を越えた融資や投資、低コストで瞬時での送金、支払い、外貨両替を提供することができます。

私たちは、ICOが長期的なプロジェクトとして機能するべきだと考えています。これは、確固とした製品の基盤を構築すると同時に、相互利益を持つ強力なコミュニティを作り出すことを可能にします。

SpectroCoinとBankeraとの違いについて

SpectroCoinはすでに、暗号通貨取引、デビットカード、IBANコード(International Bank Account Number)などの製品を導入しています。 しかし、この分野で競争力を維持するために、BankeraはSpectroCoinの拡張と進化であり、暗号通貨と法定通貨の橋渡しをするものであると考えています。

当初、すべての開発はSpectroCoinに準じますが、最終的には異なるブランドとして開発が行われます。 SpectroCoinは、暗号通貨のためのウォレットと交換サービスのリーダーとしての地位を維持します。 Bankeraは銀行業務のソリューションと効率的な支払いに注力します。

Bankeraはスタートアップか?

Bankeraは現在50人の従業員、400,000人以上の顧客(個人と法人)、63,000枚の発行済みのカード、必要なすべてのITインフラを備えた完全に機能する取引所、ウォレット、支払い処理プラットフォームであるSpectroCoinの派生です。
Bankeraは、銀行として規模を拡大し、多額の貸付を行うことができる資本準備金を必要としています。