Anti Derivative

Anti Derivative アンチデリバティブトークン

金融&投資
デリバティブ保有者が決議の特権的地位に戻るための唯一の方法
通貨単位
ADVT
システム
Ethereum
プレセール開始日
0000-00-00
プレセール終了日
0000-00-00
クラウドセール開始日
2018-06-15
クラウドセール終了日
2018-07-15
最大供給量
ソフトキャップ
ハードキャップ
通貨単位
ICO1ADVT=0.01USD

アンチ・デリバティブ・トークンの目的は、デリバティブ・ホールダーがクレジット・イベントで確実に支払われるようにすることです。

デリバティブ保有者への支払いを保証するために最低限必要な前提条件は次のとおりです。

1.当事者は新しいタイプの担保を使用する(他のものは契約の履行を喪失する可能性のある既存の法律の対象となるため)。
2.取引相手は債務を尊重するために十分な担保を得ることになる。

アンチ・デリバティブ・トークンは自己実行可能です。スマートコントラクトはトークンの所有権を一方の当事者から他方の当事者に自動的に移します。物理契約とデジタル契約の法的相違のため、ブロックチェーンインフラストラクチャでのみ機能します。

クレジットイベントでは取引相手に十分なトークンがあることを保証するため、スマートコントラクト期間中は契約金額がブロックされます。トークンの所有権は取引相手に残されますが、トークンは他の取引の担保として使用されることもなく、契約は終わります。

最近の規制改革(2014-2016)は、金融デリバティブによるリスク移転に大きな変化をもたらしました。デリバティブ保有者(リスクを他の人に移すために保険料を支払った人々)は、取引先決議において特権的な地位を占めていました。

アンチデリバティブトークンは特権的な場所に戻します。それは、解決メカニズムの外で自動的に実行する担保の特別なクラスです。それを使用することにより、デリバティブ保有者は、カウンターパーティーの失敗の場合に支払われることを保証する。カウンターパーティは、信用事象シナリオにおいてのみ、貸借対照表の外に担保を移転する必要があります。