仮想通貨とトークンの違いは?トークンの種類やタイプは?

初心者向け情報

最近、ネットニュースなどでも、仮想通貨の取引について、また、トークンの価値が暴騰しているといったようなトピックスを見かけますが、実際に仮想通貨とトークンは何がどう違うのか不思議に思ったことはありませんか?

実は、仮想通貨とトークンは、本質的な部分については全く同じなのです。
同じという表現よりも、仮想通貨の中にトークンがあるといったことになる為、比較対象すべきものではないのです。

ここでは、仮想通貨とトークンの違いや、トークンの種類やタイプについて細かく解説していきたいと思います。

トークンって何?

UnaDeskさん(@unadesk_com)がシェアした投稿

トークンとは、ビットコインのブロックチェーン上で発行された独自コインのことを指します。
例えば、Zaifトークンといったようにそれに価値をつけた場合、ビットコインや日本円とトレードすることができるのです。

トークンは誰でも発行することができます。
もちろん、あなたも自分のトークンを発行することができるのです。

しかし、発行したからには、そのトークンじたいが流通して初めて価値が生まれる為、保有する人に特典を付けることで価値をアップさせているといったトークンも存在します。
現状を考慮すると、売買利益を狙う購入者が多いことが分かっていますが、それが必ずしも利益目的だけという訳ではありません。

今後、将来に向けて、多数の企業や個人が独自のトークンを発行するであろう時代になることが予想されます。

仮想通貨のタイプは??

アセットタイプ

アセットタイプとは、トークンの発行者が存在し、発行枚数や発行スピードをコントロールすることができる仮想通貨です。

株式と同じで、株式会社は株式を発行し、資金を調達します。発行する株式を増減させることができ、投資家は会社の業績と将来性を見据え、株式を取引します。
アセットタイプはこの株式の概念を仮想通貨に当てはめたようなイメージだと思ってください。

カレンシータイプ

カレンシータイプとは、ビットコインなどの仮想通貨を指します。
ビットコインのようにあらかじめ決まった仕組みで発行量が増加するようプログラミングされていて変更できないという特徴があります。
実際に、ビットコインは2100万枚と決まっている為、カレンシータイプの仮想通貨に入ります。

仮想通貨とトークンの違いって?

なぜ、ビットコインやイーサリアム、リップルのようなものは仮想通貨という呼び名が付き、Zaifトークンなどは仮想通貨と呼ばれることがないのでしょう?

実際には仮想通貨とトークンには大きな違いがないとされています。
トークンは既存のブロックチェーンをそのまま使って作った仮想通貨を「トークン」と名付け、独自のブロックチェーン技術で作った仮想通貨を「ビットコイン」や「イーサリアム」「リップル」と呼んでいるのです。

トークンの特徴やその存在意義について

ビットコインには発行者が存在しません。
その為、発行枚数もはじめから決まっている為、誰かが後から発行するといったこともできない仮想通貨です。

そして、イーサリアムやリップルには発行者は存在するのですが、発行枚数はすでに決まっているのです。

一方で、「トークン」は、仮想通貨でありながら、イーサリアムやリップルと同様、発行者は存在していて、供給量については、発行者が操作することができるという性質を持っています。
言い換えると、トークンは、株式と同じような性質であると言えますね。

とは言え、個人は企業が発行するトークンを取得したからと言って、その企業に対して何か講じることができるということではありません。
考え方として、トークンはイコール株式という考え方に似ているというだけだからです。

株式は、会社や企業が急成長すれば、その会社の株が上がります。
トークンも、発行元の会社がビジネスに成功すれば、そのトークンの市場価値もどんどん高まる可能性があると言えるのです。
その為、個人は、トークンを発行する発行者に対して、将来性を見越して投資を行うというスタイルとなり、株式に近い考え方になります。

一部のトークンについては、どれほど保有しているかによって、さらにトークンを獲得できる配当機能を持つトークンもあります。

なぜトークンを発行するの?メリットはある?

トークンは1度コインを発行して流通させ、独自のサービスを構築し、その人気や価値がどんどんアップすれば、市場価値もアップしていく為、コインを保有する方に対してサービスを提供し、コインに値段を付けて販売することもできます。
供給量を絞り、トレードすることも可能です。
コインに価値が付くことで、大きく儲かる可能性もあります。
特にアセットを発行する発行元は、ビジネスを売買するようなものとも言えます。

5つのタイプのトークンとは?

トークンとは、ビットコインなどの仮想通貨をブロックチェーン上で独自に発行した通貨のことを指します。
トークンは流通し、広めていくことでその価値があがり、ビットコインのように注目される仮想通貨となるのです。

ICOで必要な「トークン」とは?

ICOを行う、ICOに投資するという時に必ず知っておくべきことは「トークン」です。
トークンには5つの種類があります。
ICOトークンの種類についてそれぞれの特徴についてご紹介します。

仮想通貨型トークン

仮想通貨型トークンは、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨と同じく、決済手段や送金手段として用いられる為に発行されるトークンです。

取引の際の送金スピードや、匿名性の確保などの高いセキュリティに優れているものも多く、決済と送金における利便性の高さを売りにしていると言えます。

しかし、トークンを決済手段として使用する際、トークンじたいに財産価値が記録されていたり、発行者の提供するサービス等の対価としてのみ利用できるものについては、プリペイドカードタイプとなります。

会員権型トークン

会員権型トークンとは、トークンを一定数量以上保有しているという事実を証明すると、トークンを発行している発行者や提携している事業者が提供するサービスについて、割引や会員優待などを受けることができるトークンのことを指します。

プリペイド型トークン

プリペイド型トークンとは、トークン発行者や事業者側が提供する商品を購入したり、サービスを利用する際、利用料といった対価として利用することができるトークンのことを指します。

ファンド持ち分型トークン

ファンド持ち分型トークンとは、トークンの保有数の割合に応じ、トークンの発行者が行う事業から、利益を受けることができるトークンのことを指します。
企業が行うプロジェクト、また、サービスなどの成果に応じ、収益が分配される仕組みとなっています。

アプリケーション・プラットフォーム型トークン

アプリケーション・プラットフォーム型トークンとは、ネットワーク上に存在しているアプリケーションプラットフォームを利用するために必要となっているトークンのことを指します。

仮想通貨の時価総額として第1位のビットコインに次、第2位を誇る時価総額を持つイーサリアムは、このアプリケーションプラットフォーム型トークンに該当することから、トークンがプラットフォームの利用料を支払う貨幣の役割を果たしています。
正確に言うと、イーサリアムは、ブロックチェーン上のアプリケーションプラットフォームにおける名称となります。

実際には、イーサリアムは、ブロックチェーンを利用したアプリケーション・プラットフォームの総称のことであり、仮想通貨としての役割を担うものは「イーサ」という名称であることから、意味が混合してしまいそうなので注意してください。

ICO投資にはトークンを理解しなければならない

ICOを行ったり、ICO投資を行うには、トークンその物を理解する必要があります。
ICOを行う事業者側だけではなく、投資を行う側も、正しい知識で理解しておかなければ、思わぬ結果を生み出してしまう可能性もあります。
今後、ICOの普及がめまぐるしく行われると、更に新しいトークンが登場することも考えられる為、トークンについての最新情報は常に情報として得ておけるよう、日々チェックしておくと良いでしょう。

まとめ


いかがでしたか?
仮想通貨とトークンの違いは?トークンの種類やタイプは?
これらについて解説しました。

仮想通貨とトークンは結果的には同じ存在であることが分かりましたね。
また、トークンじたいには種類やタイプがあることも分かりました。
今後、ICOに参加する際は、どのトークンのタイプであるかを考慮しながら投資を行える為、確実な投資が可能となりそうですね。