【初心者向け】仮想通貨(暗号通貨)とは?仮想通貨のメリット・デメリット

初心者向け情報

仮想通貨(暗号通貨)「ビットコイン」や「イーサリアム」という言葉を耳にしたことはありすか?
ビットコインやイーサリアムはお金であり、円やドルといったものと同じ扱いとなります。

ビットコイン・イーサリアムは目に見えない、手に取ることもできない「仮想」の「通貨」となるのです。
ここでは、初心者向けに、仮想通貨(暗号通貨)とは一体何か?また、仮想通貨(暗号通貨)を扱うメリットやデメリットについてご紹介したいと思います。

仮想通貨(暗号通貨)って何?

一般的に仮想通貨(暗号通貨)として知られているのは、オンラインゲーム上で取扱う通貨です。
ゲーム内で円やドルを支払うことでアイテムを購入することができ、そのゲーム内でのみ使用することができる仮想通貨(暗号通貨)であると言えます。
また、特定のWEB上で使用できる仮想通貨(暗号通貨)もあります。

ビットコインもそれらの使用方法と似ていて、ビットコインを手に入れれば、それを使用して物を購入したりサービスを購入することができるのです。
現在、まだビットコインで決済を行うことができるサービスは少なく、今後、更に増えて行くことが予想されています。

仮想通貨(暗号通貨)とは、実際には手に取ることもできず、形のない通貨であるものの、通常の為替取引のように、仮想通貨(暗号通貨)投資を行うことで、日々の通貨と取引を行うことができるのです。

仮想通貨(暗号通貨)ができたのはなぜ?

仮想通貨(暗号通貨)は、世界中の不特定多数の人がWeb上で物を購入し、サービスと交換するための通貨として生み出されました。
その為、実際の通貨と同様、送金や受取の他、投資や貯蓄といった目的でも自由に使用することができるのです。

実際には、仮想通貨(暗号通貨)は1000種類以上もあると言われており、その中でも数種類が飛躍的に多くの方に利用されています。
これほどまで仮想通貨(暗号通貨)が信頼性を持てるのかと言うと、安全性の技術「ブロックチェーン」が存在するからです。

ブロックチェーンとは、仮想通貨(暗号通貨)が誰のもとにあるのかについて記録した帳面です。
全てを知るブロックチェーンがあるからこそ、第三者が不正な手段で入手したり作成することができない仕組みとなっています。
これにより、仮想通貨(暗号通貨)はとても信頼性の高い通貨として世界中に広まりました。

仮想通貨(暗号通貨)は電子マネーとは違う

BTCCさん(@btccbitcoin)がシェアした投稿

仮想通貨(暗号通貨)は、もともと管理する組織がない為、仮想通貨(暗号通貨)が利用できる場所であれば、どこでも利用することができる通貨です。

仮想通貨(暗号通貨)のメリット・デメリットとは?

仮想通貨(暗号通貨)のメリット

メリット:送金や手数料が無料、仮想通貨(暗号通貨)によって手数料が格安!

仮想通貨(暗号通貨)を扱う場合、中央に銀行のような管理者が存在しない為、取引手数料は無料又は、わずかな手数料で海外送金も可能となります。
手数料が不要又は格安であるというだけで、随分と費用が変わってきます。

メリット:儲かる!

仮想通貨(暗号通貨)を投資することで、大きな値動きをする為、あっという間に儲かると言えます。

今や銀行は低金利時代であることから、あなたの資産を仮想通貨(暗号通貨)投資で上手に運用することで、数ヵ月で儲かる仕組みとなっています。
このように、仮想通貨(暗号通貨)の最大の魅力は、大きく設けることができることです。

しかし、値動きが激しいことから、それだけの高いリスクがあることを念頭に置いておきましょう。

メリット:ストップ高が存在しない

仮想通貨(暗号通貨)は株などの取引とは異なり、「ストップ高」がない為、自身の保有している仮想通貨(暗号通貨)がたった1日で暴騰することがあります。

仮想通貨(暗号通貨)投資を行う以上、ストップ高がなければ、どんどん利益を得ることができます。
この値動きが激しいことであなたは最大限の利益を得ることができます。

メリット:仮想通貨(暗号通貨)には将来性があると確信できる

仮想通貨(暗号通貨)は今後、将来性があると言われています。
ビットコインが誕生した際は、1ビットコインが1円の価値もない通貨でした。

しかし、8年ほどで40倍もの成長を遂げ、その価値は高まる一方です。
このように、仮想通貨(暗号通貨)を持っていることで、将来に向けての投資対象としてとても魅力的な通貨であると言えます。

メリット:仮想通貨(暗号通貨)は借金を負わない

仮想通貨(暗号通貨)は現物取引を行うことで、大きな利益を生むことができます。

仮想通貨(暗号通貨)を取扱う国内の取引所では、投資に失敗して損失となるのは投資した額までとなり、投資を行ったあなた自身が借金を負うということはありません。
その為、投資を行った金額全てを失うということはめったに起こりません。

メリット:仮想通貨(暗号通貨)は誰でも気軽に始めることができる

仮想通貨(暗号通貨)は、取引じたいが初めてという方でも、専門知識は不要で誰でも簡単に始めることができます。

チャートを読んで、良いタイミングを見極める力が必要かと言うと、そこまでの能力がなくても、何ら問題なく仮想通貨(暗号通貨)投資を始めることができます。
初心者の方向けの仮想通貨(暗号通貨)取引所もある為、事前に様々な情報を入手しておくと良いですよ。

仮想通貨(暗号通貨)のデメリット

デメリット:リスクがある

仮想通貨(暗号通貨)は必ず儲かるというシステムではありません。
あくまで投資である為、値動きによっては損をする可能性は十分にあります。
それは、何も仮想通貨(暗号通貨)だけに言えることではありません。

株やFXといったものも必ずリスクは付きものです。
もしも、損をするのは嫌だと思われている場合は、投資というものは絶対にオススメしません。
仮想通貨(暗号通貨)はとても簡単で、仮想通貨(暗号通貨)を売却しようと思った時に、それを購入した時の価格より上がっていれば儲かります。
逆に、購入した時の価格より下がっていれば、当然損をする仕組みとなっています。

デメリット:ストップ安が存在しない

仮想通貨(暗号通貨)にはストップ安が存在しません。
その為、自身の保有する仮想通貨(暗号通貨)が1日で大暴落する可能性はゼロではありません。
そのリスクは相当高いものであると言えます。

メリットで述べた「儲かる」という可能性が高い分、「損をする」という可能性も同時に高いものであると言えます。
しかし、そこが仮想通貨(暗号通貨)の面白いところで、大暴落してもいずれまた値上がりするものだと思って、そのまま投資しておくことをオススメします。

デメリット:24時間価格変動する

仮想通貨(暗号通貨)は毎日時間に関係なく変動することから、あなた自身が保有する仮想通貨(暗号通貨)の状況が常に気になりがちです。

しかし、あまり気にし過ぎてもより良い生活ができなくなる為、ほど良く仮想通貨(暗号通貨)と付き合う気持ちでいると気持ちもとても楽ですよ♪
また、儲かることばかりを考えていると、実際に大暴落してしまった場合に、ショックのあまり取り返しのつかない事になってしまいます。
そうならない為にも、値動きに敏感でいる必要があります。

それでも絶対に損はしたくないという方は、仮想通貨(暗号通貨)投資はオススメできません。
日本人は特に保守的になりやすいことから、このような仮想通貨(暗号通貨)投資に一歩踏み出せないという方も少なくありません。

まとめ

いかがでしたか?
仮想通貨(暗号通貨)とは何か?また、仮想通貨(暗号通貨)のメリットやデメリットについて解説しました。
仮想通貨(暗号通貨)投資を始めるかまだ迷っているという方は、まず、仮想通貨(暗号通貨)についてのメリットやデメリットを考慮し、始めてみられると良いでしょう。

どうしても迷ってしまうという方は、まずは少額投資でリスクを最小限に抑えてできる仮想通貨(暗号通貨)投資を行うことをオススメします。
もしも、始めてみて楽しみを実感できれば続ければ良いですね。
自分には合わないと思えばそれで辞めることもできます。

初心者の方にオススメの仮想通貨(暗号通貨)取引所は「コインチェック」です。
取引量や取引所事態の規模も大きく、セキュリティも万全であることから、とても安心して利用することができます。
ぜひ、検討してみてくださいね。