Facebook ビットコインや仮想通貨、ICOの広告を禁止

最新ニュース

Facebookは、バイナリオプション、ICO、仮想通貨(暗号通貨)などの金融商品に関連する広告の出稿を禁止することを決めた。

FacebookのプロダクトマネジメントディレクターRob Leathernは、現地時間1月30日のブログ記事で、偽の情報や誤解を招く情報の広がりを抑える目的でバイナリオプション、ICOや仮想通貨(暗号通貨)に関する広告を禁止すると発表した。

2017年だけで40億ドル以上がICOを通じて調達されたことを考えると、ICOの普及率が高まっているにもかかわらず大部分が規制されていないという事実は、ICOでの詐欺などの原因になりかねません。

また、Facebookは長い間、広告のための最も普及しているソーシャルメディアのプラットフォーム(毎月2億人以上のアクティブユーザー)であり、それは当然、ICOや新しい仮想通貨に関連するスタートアップを含むあらゆるタイプの広告主が選択するメディアです。
これらの広告が引き続き発展すれば、潜在的な不正行為になる可能性が高いと考えているようです。

Facebookの新しい広告戦略は、写真共有アプリケーションInstagramを含む他のFacebookサイトにも拡大されるだろう、と付け加えています。しかし、Facebookは、ポリシーが将来変更される可能性があることを明らかにしたが、現時点では変更予定とのことです。

Facebookが仮想通貨関連の広告を禁止することによって、仮想通貨関連(ICOを含む)の企業は、ユーザー獲得のために他の手段を探さなければなりません。