スティーブ・ウォズニアック氏 「ビットコインは全て売った」

最新ニュース

Apple共同設立者のスティーブ・ウォズニアック(Steve Wozniak)氏は、昨年「ビットコインは金やドルよりも優れていると考えている」と語りましたが、一転して2018年1月24日に行われた北欧ビジネスフォーラム(Nordic Business Forum)で所有していたビットコインを全て売ったと発表しました。。

昨年10月22日ラスベガスで開催されたMoney20/20で、アメリカ政府の都合でドルは多く印刷し流通させることができるため、通貨として偽物であり、ビットコインは通貨として本物と語っていただけに売却したことは驚きです。

スティーブ・ウォズニアック(Steve Wozniak)氏は、好奇心からビットコインを700ドルの価格で購入していたようで、ビットコインの価格を巡っての誇大宣伝に疲れたため、すべてのビットコインを売却したとストックホルムの北欧ビジネスフォーラム(Nordic Business Forum)の聴衆に語りました。

スティーブ・ウォズニアック氏がビットコインに見ていた未来はストックホルムのような場所に旅行し、ビットコインだけを受け入れるレストランやホテルに行き、旅行する時にビットコインだけで過ごせることでした。
しかし、その未来にはまだまだ時期尚早だと感じたことも起因しているようです。

そして、ビットコインの価格が最高に上がった時、スティーブ・ウォズニアック氏はそれを見て、その価格を気にしている人々の1人にはなりたくないと感じたことで売却したようです。
スティーブ・ウォズニアック氏は、「私の幸福の一部は心配しないことだから、それをすべて売ってしまっただけだ。」と語りました。