Walmart ブロックチェーンに医療記録を保存・アクセスする特許を取得

最新ニュース

世界最大のスーパーマーケットチェーンであるウォルマート(Walmart)は、患者の重要な医療記録(カルテ記録)をブロックチェーンデータベースに保存することを目的とした特許を取得しました。その患者が意識を失った時、救急隊員と連絡が取れない時など、緊急時に医療従事者がアクセスすることができます。
医療記録や個人情報が多く含まれるため、プライバシーを保護する必要があり、このブロックチェーンデータベースは緊急時のみの使用を前提としています。

ウォルマート(Walmart)の特許では、ブロックチェーンデータベースシステムのことを「ウェアラブルデバイスからブロックチェーンに保存された医療記録の取得」と表現されています。
特許が取得されたシステムは主に3つのコンポーネントで構成されいます。それらの1つはウェアラブルデバイスであり、ブロックチェーンデータベースのローカルストレージメディアとして機能します。
他には、患者の生体認証情報を取得するために使用されるバイオメトリックスキャナと、ウェアラブルデバイスをスキャンする目的の無線周波数識別(RFID)スキャナがあります。
ウォルマート(Walmart)は、この特許での理想的なデバイスはブレスレット型のウェアラブルデバイスであることを述べています。

患者の緊急時、ウォルマート(Walmart)の特許は、RFIDスキャナを使用して患者のウェアラブルデバイスをスキャンする最初の応答装置を想定しています。スキャンすることで暗号化された秘密鍵と、参加している特定の患者に関連付けられた公開鍵を得ることができます。
暗号化された秘密鍵を解読するためには、患者のバイオメトリック特徴をスキャンしなければなりません。顔、網膜、虹彩、または指紋である可能性があります。スキャンをし、認証が完了すると、ブロックチェーンデータベースから患者の医療記録(カルテ記録)を取得することができます。

患者の医療情報は、救急隊員、病院、救急室、または関連する医療従事者を含む他の医療機関と共有することも可能です。この特許は、Internet of Things(IoT)デバイスの使用により、医療従事者がこの医療情報を必要な対象へと容易に送信できるようにすることを示しています。

この特許によって、患者が特定の医療施設の治療を受ける前に、医療スタッフが患者の重要な医療記録やその他の医療情報を十分に把握することが可能になるとウォルマートは述べています。これは患者の医療記録を調べる時間を減らすことになり、それにより命を助けることにつながります。ウォルマートは2016年12月14日に特許申請を行っており、2018年6月14日に承認されました。