仮想通貨(トークン)を支える仕組み”ブロックチェーン”とは?

初心者向け情報

仮想通貨は一体どのような仕組みになっているのか不思議に思ったことはありませんか?
今、ブロックチェーンという技術を利用した仮想通貨が注目されています。

ブロックチェーンという最先端の技術が仮想通貨に大きな影響を与えているのです。
また、それに伴い、仮想通貨はブロックチェーン技術を活用することで、世界に浸透しています。

ここでは、そんな仮想通貨を支える仕組みとなっているブロックチェーンの仕組みについて解説していきたいと思います。

ブロックチェーンとは一体なに?

ブロックチェーンは、「台帳」のようなものです。
ブロックチェーンは、誕生してから現在に至るまで、全ての取引を記録した台帳のことを指します。
「ブロック」は一定期間取引を行った塊であり、「チェーン」は、ブロックを1つ1つをつなげた状態をイメージしてください。

また、ブロックチェーンの台帳は、インターネット環境があれば、世界中の誰でも利用することができます。
簡単なアカウント発行さえ行えば、誰でも使えるのです。

ブロックチェーンは、ネットワークを利用する参加者全員が支えています。
各家庭にあるパソコンのパワーを分け合うと想像してみてください。
そこでブロックチェーンが作られます。
この形を「P2P」と呼んでいます。

このパワーを分け合う方は収入を得ることができる為、参加者が増えるのです。
このように、みんなで支え合うことで1つが壊れてもブロックチェーンはつながったままであることから、壊れることはありません。

他のパソコンが持つデータがあれば、問題なく作動するのです。
そして、ブロックチェーンの台帳は、みんなで取引が正規に行われているかをチェックする為、参加者全員が見張っているのです。

そして、正規に行われていることをチェックした参加者は、報酬をもらえるのです。
このように、正しい取引の記録だけが台帳に残るシステムとなっています。

ブロックチェーンのキーワード解説

P2P(ピアツーピア)とは

P2Pとは、複数のコンピューターが関わる際、その処理における方式の名称として付けられています。
また、通信を行うコンピューター同士が、サーバーを介することなく直接の通信を行うことができます。

P2Pは、1つのコンピューターだけに処理における負荷をかけずに済みます。
そもそも、「Peer」とは「同等」という意味であり、簡単に言うと、サービスを提供しながらサービスを受けるという通信方式のことを指すと考えると良いでしょう。

偽造防止とは

ブロックチェーンでは、偽造防止のため、「ナンス値」や「ハッシュ値」といった要素を記録し、チェーン上でつながるブロックを関連させ、不正行為が行われないよう防いでいます。

透明性とは

日本では、まだ仮想通貨が大きく表舞台に出ておらず、仮想通貨そのものがよく分からないというイメージを持つ方は少なくありません。

しかし、ブロックチェーンの技術は、仮想通貨の取引を全てインターネット上に記録し、保存されていることから、銀行などの金融システムと比べても、大変高い透明性を持つことが分かっています。

加えて、ブロックチェーンでは、一度ブロック(台帳)に記録された取引について、不正行為がないかを、不特定多数のブロックチェーン参加者により、監視される仕組みとなっているのです。

仮想通貨は私達の生活を革新させる!

仮想通貨の中で一番流通しているビットコインを例に挙げてみましょう。

ビットコインを取引する際は、中央管理者が存在しないことから、全てシステム化されたブロックチェーン上で取引が自動的に行われます。
その為、仲介する者が存在しない分、取引手数料が非常に安くすむということになります。

通常、現時点の銀行預金の管理や送金の際の手数料について、それぞれに銀行が異なれば、手数料が発生します。
しかし、仮想通貨のブロックチェーン技術を用いた取引を行えば、安全性を保持しながら、銀行が行う業務をなくし、手数料が不要となる時代がやってくると言われています。
言い換えれば、仮想通貨が現在の金融システムを大きく変える可能性があるのです。

ブロックチェーン技術は、ビットコインだけに採用されている訳ではありません。
仮想通貨「イーサリアム」そして、「リップル」といったものにもブロックチェーンが使用されています。

ブロックチェーン技術を応用しているイーサリアムは、契約内容の保存と執行を自動的に行うことができます。
また、リップルは、高額手数料がかからずに、リアルタイムでスピーディに海外送金が可能です。

このようなことから、ブロックチェーンで管理される仮想通貨が、私達の生活を革新させる可能性が高いと言えます。

仮想通貨を管理するウォレットとは何?

ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨を取引し、利用するためには、必ず「ウォレット」を作成しましょう。
ウォレットは仮想通貨のお財布のようなものです。
とは言え、仮想通貨は目に見えない、手に取ることができない通貨である為、オンライン上で管理される際に使用するツールとなります。

ウォレットの種類は?

オンラインウォレット

仮想通貨取引所で作成するウォレットです。
オンライン上で管理する為、ハッキングに遭う可能性がある為、パスワード管理だけではなく、「2段階認証設定」や「秘密のパスワード設定」などのセキュリティを万全にしておく必要があります。

メリット

・誰でも簡単にウォレットを作成することができる
・取引所で作成した場合は、その取引所で仮想通貨の売買ができる
・パソコンが故障した場合でも仮想通貨に影響しない
・口座開設や設定が簡単に行える

デメリット

・取引所が潰れると、保有していた仮想通貨(資産)を失う可能性がある
・ネット環境の下でしかウォレットを確認することができない
・第三者によるハッキングに遭う可能性がゼロではない

クライアントウォレット

パソコン内にソフトウェアをダウンロードし、ローカル環境で使用するウォレットとなり、オンライン環境又はオフライン環境の両方で利用することができます。

メリット

・取引所が潰れても仮想通貨に影響がない
・オンライン上でしか利用できないウォレットに比べると、断然セキュリティが高いと言える
・オフライン状態でもウォレットを確認できる

デメリット

・第三者によるハッキングの可能性が高い
・ソフトウェアのダウンロードを行う際は、パソコン環境に容量が必要となる
・デバイスがウィルス感染を起こすと仮想通貨が盗まれてしまう
・ソフトウェアをインストールしたパソコンしか使えない

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは、オフラインで使用する為、セキュリティ面は一番安全な方法です。

メリット

・取引所が潰れても仮想通貨に影響がない
・第三者によるハッキングの可能性がない
・高額の仮想通貨を取引する方が管理するには向いているウォレット

デメリット

・第三者による不正行為やハッキングによる盗難に遭う可能性が高い
・印刷したり残高確認に手間を取られる

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、USBを利用してパソコンに接続し、ブラウザからウォレットを利用します。
実際にはオフライン管理となる為、ハッキングの可能性は最小限でセキュリティ面に優れていると言えます。

メリット

・パソコンウイルス感染に強い
・取引所が潰れても仮想通貨に営業がない
・オフライン状態でも管理できる

デメリット

・初期投資として購入費用が必要
・紛失と破損の可能性がある
・リカバリーの際は管理に手間がかかってしまう

まとめ

仮想通貨を支える仕組みブロックチェーンについて解説しましたが、いかがでしょうか?
「仮想通貨」という言葉は何度か耳にしたことはあるという方は多いと思います。

ブロックチェーンの意味や役割を理解することができれば、それらの将来性についても期待できると思います。
今後に注目していきたいですね。